読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然貞奴

2014年に産まれた娘の成長期あれこれです。

妊活?

徒然 妊娠時代

2013年11月某日ー。

私は大嶽山那賀都神社というところに行きました。

詳しくは私の前のブログのこちらを。


このブログの前はアメブロやってました。

(めんどくさくて引越しという形はとってません^^;)

 

2013年は舞台の方でオーディションとか受けまくって、いい舞台に出演させていただいたいい年でありました。

が、この時点で結婚してもうそろそろ2年(2012年1月に結婚)私の年齢も40歳、しかもあと数ヶ月で41歳。親からは「子供は?」とよく聞かれなんだかよくわからないプレッシャーが襲い掛かっていました。

 

普通なら40歳超だと「妊娠」というものはあきらめると思うんですが、私の場合は「子供はできたら産むけど、できないのはそれは運命なので仕方ない」というスタンスでした。なので特に「妊活」はやってませんでした。

生理日や排卵日の確認と冷え性にいい漢方薬を飲んでたくらいです。

↑これも立派な「妊活」かな???親の手前「努力はしてまっせ」という所を見せたいのが強かったかもしれません。

 

まあそれも45歳になったら完全にあきらめようとは思ってました。

 

前置きが長くなりました。

そんな時にふと思い立って行った大嶽山那賀都神社。

往復5時間かけて行きましたがほんとに良い所でした。

ブログにも書いてますが、参拝で済ませるつもりでしたがちょうど宮司さんの時間が空いていたのでご祈祷もやってもらいました。

このご祈祷で「子宝祈願」をやってもらったのですが、なんとその翌月に妊娠したんですよねえ。

ちなみに妊娠超初期は年末年始だったのでお酒飲み放題でした。。。orz

お正月も終わりいつも気にかけてた生理が「あれ?そう言えば遅れてる??」となってその足で妊娠検査薬を買いに行き見事に陽性だった訳です。

(年末年始のドタバタで妊活も二の次になってたというのに。。。)

 

振り返ると神社に行ったのもその翌月妊娠したのもなんかしらの「お導き」があったようにしか思えません。

ちなみに翌年、安産祈願もその神社でしてもらいました。

(その時は旦那氏も連れていきました。)

 

人生はこういう「お導き」が何か所かにあると思ったのでした。